2018年10月21日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年10月20日)

☆体験講座:ハイゼックス料理に挑戦!
 今回は、自主学習はお休みにして、はじめから、ハイゼックス料理など、災害時の食事作りに挑戦しました。講師は、3名の日本赤十字社のボランティアの方にお願いしました。
 最初に、ハイゼックス袋を配布し、160ccのお米とだし汁を入れ、空気を抜いてゴムでふうをしました。これを沸騰したお湯で40分間過熱し、ご飯を炊きました。
 ご飯は袋いっぱいに膨らんでいましたが、おいしく食べられる炊きあがりでした。児童たちがその場で食べきるには少し多かったですが、電気がなくても、道具がなくても、温かいご飯を食べられることがわかりました。
 ご飯を炊きながら、ポトフとケーキを、同じようにポリエチレン袋に材料を入れて、お湯で加熱して作りました。ポトフを食べるのに、プラスチックのどんぶりを配りましたが、これはポトフを直接入れるためのものではなく、ポリ袋ごと入れることで、どんぶりを再利用できるようにしましょうとの説明がありました。講師から、災害時には水が貴重なので、なるべく洗い物をしないようにする工夫が必要なることのお話がありました。
 災害が発生しても、工夫や、備えを通じて、健康を守り、ダメージを減らす「減災」の重要性が、児童たちに伝わればいいなと思います。

DSC_1071_R.JPG

DSCPDC_0001_BURST20181020104046981_R.JPG

DSC_1067_R.JPG

DSCPDC_0000_BURST20181020112525391_R.JPG


☆次回11/10:逃走中!
 次回は、恒例の逃走中です。児童たちからも人気です。なぜそこまで人気なのか、不思議です。
posted by hachi at 22:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年10月13日)

☆自主学習
 用意していた論理パズルの本も、ほぼ終了になりました。中には、自分で本を見つけてきて、家で取り組み始めた児童もいました。次回に向けて、新しい教材を用意します。

☆体験講座:月の満ち欠けを知ろう
 今回は、月の満ち欠けについて、模型を作成し、月に関するクイズ大会をしました。
 まず、画用紙と発泡スチロールで、月の満ち欠けがわかる模型を作りました。画用紙には、年や月、日が円く記されていて、これを合わせると、その日の月の満ち欠けがわかるというものです。球状の発砲スチロールの玉に、半分ずつ、黄色と黒の色を塗り、より月をイメージできるようにしました。意外と簡単に作ることができました。
 次に、グループに分かれて、月に関するクイズ大会をしました。用意したクイズは54問。低学年も参加しやすいようにすべて4択形式にしました。グループごとに答えを決めて、番号カードを上げる形式にしました。
 児童たちに、どこまで月に関する知識が蓄積したかは怪しいですが、かなり盛り上がりました。少しでも月に関する知識が身についたり、月の動きや太陽やその他の星の動きに、興味を持つきっかけになればと思います。
 ちなみに、クイズはパワーポイントで作ったので、関心があれば他でも使っていただけます。クイズを作るのはかなり苦労しましたが、とても勉強になりました。

DSC_1053_R.JPG

クイズ1_R.jpg

クイズ2_R.jpg


☆次回10/20:ハイゼックス料理に挑戦!
 次回は、日本赤十字の方に講師としてお越し頂き、災害対策にもなるハイゼックス料理に挑戦します。
posted by hachi at 14:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年9月29日)

☆自主学習
 論理パズルもだいぶ慣れてきました。これまでは、1年生には簡単なパートのプリントを渡していたのですが、それも尽きてしまい、全員同じプリントからスタートです。何とか回答できてそうだったので一安心です。

☆体験講座:名探偵になろう
 今回は、超短編の推理小説を読んで答えを見つける「名探偵になろう」をしました。
 始めに、スタッフが手分けをしてお話を朗読して、その後は自分で答えを考えるという手順です。
 低学年には少し難しかったかもしれませんが、高学年が教えてあげたり、一緒に考えたりしながら、自分たちで答えを見つけることができたグループもありました。

Point Blur_20181002_135819_R.jpg

Point Blur_20181002_135911_R.jpg


☆次回10/13:月の満ち欠けを学ぼう!
 次回は、工作とクイズで、月の満ち欠けを学びます。準備が大変そうです。。。
posted by hachi at 14:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年9月22日)

☆自主学習
 1学期に引き続き、論理パズルをしました。夏休みを挟みましたが、みんな意外と積極的に取り組んでくれました。

☆体験講座:金融ゲーム
 今回は、昨年も取り組んだ、SMBCプロミス社さんからお借りした「金融ゲーム」をしました。物々交換や物品貨幣を通じて、ミッション完成に必要なものを集める”カードゲーム”です。スタッフもやり方がうろ覚えだったり、キットの一部がなくなっていたりで改善の余地はありですが、全体的には楽しむことができました。
 物々交換に業を煮やしたのか、児童たちの動きの中で、自然に「市」のようなものが形成されたのは興味深かったです。
 スタッフの反省の中で、もっとクイズ形式を進めて、貨幣や物品が流通するようにすればよいのではないかとの意見も出ました。まさに”量的緩和”ですね。

DSC_1022_R.JPG

DSC_1023_R.JPG

DSC_1021_R.JPG

posted by hachi at 13:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年7月14日)

☆自主学習
 論理パズルをしました。新しいプログラムでしたが、何とか1学期を終えることができました。導入前はかなり不安でしたが、スタッフの協力でうまく運営できたと思います。児童たちも、はじめは戸惑っていたと思いますが、今では積極的にと組んでくれていると思います。強化の勉強とは頭の使い方は違いますが、「ジアタマ」の成長に少しでもつながればと思います。
 2学期も続けていきたいと思います。

☆体験講座:マジシャンになろう
 今回は、昨年もお世話になった、大宮マジック研究会の皆さんにお越しいただき、いろいろなマジックの実演を見せて頂くともに、児童たちもマジックを披露する活動でした。
 研究会の方から、ロープを使ったものや紙コップとボールを使ったものなど、定番のマジックを披露して頂きました。定番といっても、やはり目の前で見せてもらえると心が動かされます。また、小さなイスが空中に浮かぶマジックは、本当に不思議で感心しました。児童たちからも歓声が上がっていました。
 最後に、白い馬と黒い馬のマジックを披露して頂きました。そして、児童それぞれにタネとなるキットを頂き、お話に乗せて、志願した児童たちが、保護者や他の児童たちにマジックを披露しました。マジックは、タネや仕掛け、手先の使い方も重要ですが、話芸で観客を誘導したり、注意をそらしたりするのも重要なことを改めて認識しました。児童たちは、キットの扱いにそれぞれ苦労もしていましたが、お話に合わせてマジックを披露できていました。
 ちなみに、筆者が家で家族に見せましたが、バレバレになってしまい、全くマジックになりませんでした...。

DSC_0926_R.JPG

処理済~DSC_0932_R.jpg

処理済~DSC_0943_R.jpg

処理済~DSC_0954_R.jpg


☆次回9/22:未定
 あっという間に、今年度の1学期の土チャレは終了です。2学期も、児童たちとスタッフが楽しめる活動にしていきたいです。
posted by hachi at 16:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年6月30日)

☆自主学習
 前回同様、論理パズルをしました。


処理済~DSC_0901_R.jpg

処理済~DSC_0900_R.jpg


☆体験講座:折り紙にトライ
 今回は、生きもの調査でも講師をお願いした羽尻さんに講師をお願いし、昨年も取り組んだ、いろいろな折り紙をしました。昨年同様、鶴、羽ばたく鶴、パクパクカラス、カエルなどを教えてもらい、児童たちとチャレンジしました。あまり折り紙で遊んでいる児童も多くなく、はじめはなかなか楽しめない児童もいましたが、形ができてくると、やる気が出てくるようで、いくつも折り紙を折って、袋に入れて家に持って帰った児童もいました。折図を見ながら、教えてもらいながら、折り紙を折っていくのは、図形への理解力を養うと思います。算数の問題を解くときに役立てばと思います。

処理済~DSC_0905_R.jpg

処理済~DSC_0903_R.jpg


posted by hachi at 15:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年6月10日)

☆自主学習
 前回同様、論理パズルをしました。少しずつですが、児童たちがやり方を飲み込んできて、楽しめるようになってきたと思います。中には、低学年なのに、すごいスピードで解いていく児童もいて、舌を巻いています。

☆体験講座:算数ゲーム
 今回は、恒例の算数ゲームをしました。グループに分かれて計算式を使ったマッチ棒クイズの後、パズル集から問題を出しました。低学年の児童には少し難しくついていけない場面があったので、運営を反省しなければなりませんが、全体的には楽しく取り組んでもらえました。
 結局、自主学習の時間から、児童たちにはかなり頭を使わせてしまったので、だいぶ疲れてしまったようです。糖分をとるようにアドバイスをして、終講しました。

Point Blur_20180610_205610_R.jpg

Point Blur_20180610_205817_R.jpg



☆次回6/30:折り紙にトライ
 次回は、去年も取り組んだ「折り紙にトライ」で、いろいろな折り紙に挑戦します。生きもの調査でもお手伝い頂いた羽尻さん講師をお願いしています。
posted by hachi at 23:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年6月2日)

☆自主学習
 2018年度の土曜チャレンジスクールが始まりました。今年度は、はじめの自主学習の時間は、児童にスタッフで用意した教材に取り組むことにしました。教材と言っても、パズルのようなもので、直接教科に結び付くものではありませんが、論理力の向上につながればと思います。
 初めての形で慣れないところもありましたが、何とか順調に時間を過ごすことができました。

☆体験講座:生きもの調査ーヤゴ救出作戦
 今回は、プール清掃の直前ということもあり、生きもの調査としてプールのヤゴ救出作戦をしました。
 さいたま市が行っている生きもの調査で与野八幡小を担当している羽尻さんに今年もご協力いただき、ヤゴの説明や種類の同定をして頂きました。
 始めに、児童たちにはプールの周りを観察し、どんな生きものがいるか、死骸があるか、ヤゴの抜け殻があるか、などを確認しました。その後、プールに網を入れ、そこにある汚泥をすくって、ヤゴを採集しました。上から見ているだけではヤゴを見つけることはできませんでしたが、汚泥の中にはたくさんのヤゴがいることがわかりました。
 本当にたくさんのヤゴが採れましたが、多くはショウジョウトンボのヤゴで、何匹かシオカラトンボのヤゴが採れました。児童の中には、なかなかヤゴに触れない児童もいましたが、少なくとも貴重なきっかけにはなったと思います。
 採ったヤゴは、それぞれの児童がプラコップに入れて、家に持ち帰り、残りのヤゴは、学校の水槽に入れ、羽化できるようにすだれを入れてもらいました。その後、次々とヤゴは羽化したそうです。

Point Blur_20180610_204947_R.jpg

Point Blur_20180610_205135_R.jpg

Point Blur_20180610_205359_R.jpg
posted by hachi at 22:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年3月10日)

☆自主学習
 いつもどおり、自分の勉強や図書館の本を読んで過ごしました。来年度は少しバージョンアップしたいと考えています。

☆体験講座:ソフトバレーボール
 今年度最後のチャレンジは、体育館でソフトバレーボールをしました。サポートで上落合ミニバレーの団員にも来てもらいました。また、ソフトバレーボールネットは、八幡小の体育館で活動しているサマンサさんからお借りし、本格的なコートにしました。
 バレーボールは、空中にあるボールを弾くスポーツなので、ボールに触っていられる時間が短く、とっつきにくいスポーツです。ですので、普通にボールを投げたり、ワンバウンドのボールを扱うなど、ボールになれるところから始めました。
 とはいえ、単にパス練習をしていてもつまらないので、チームに分かれて、ワンバウンドでボールをつなぐゲームをしました。すると、意外に児童たちは真剣にボールを追いかけ、楽しんでいるように見えました。
 そこで、少し“スパイク”をやってみることにしました。スパイクは、空中にあるボールにジャンプして飛びついて、ボールを弾く動きなのでさらに難しいです。それでもしばらく練習していると、アタックが相手コートに返る児童もいました。中には、少年団にスカウトしたくなる児童も。。。
 ともかく、今年度最後のチャレンジスクールを、楽しく締めくくることができました。
図3_R.jpg

図1_R.jpg

図4_R.jpg

図2_R.jpg


☆2017年度も無事終了しました
 2017年度のチャレンジスクールも、皆さんのおかげで、無事締めくくることができました。来年度は6月(?)からになりますが、少しずつ改善しながら取り組みたいと思います。よろしくお願いします。
posted by hachi at 00:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年2月25日)

☆体験講座:名探偵になろう!
 今回の土曜チャレンジスクールは、恒例の“名探偵になろう!”でした。
 今回は準備の時間が取れず、2年前の素材をそのまま使いました。何年か続けて参加している児童には、少し退屈させてしまいましたが、当時は低学年だったのによく覚えているなと感心しました。
 元の超短編小説に、ふりがなを振ったものなので、低学年には少し難しかったかもしれませんが、「こたえはぶんしょうのなかにあるよ」と伝えると、それぞれのグループで真剣に答えを探してくれました。
Point Blur_20180225_122050_R.jpg

Point Blur_20180225_122227_R.jpg

DSCPDC_0002_BURST20180224110053779_R.JPG

DSCPDC_0001_BURST20180224105437013_R.JPG


☆次回(3月10日):バレーボールをしよう!
 今年度最後の土チャレは、我田引水ですが、ソフトバレーをします!

posted by hachi at 13:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年2月10日)

☆体験講座:餅つき大会!
 この日の土曜チャレンジスクールは、杵と臼を使った餅つき大会でした。
 スタッフの山﨑さんのご主人にもお手伝い頂き、餅米から、みんなで杵と臼で餅をつきました。児童たちの力だけではうまくつけないので、スタッフのお父さん方にも活躍してもらいました。
 ついた餅は、枝豆きな粉や大根おろし、餡子など、それぞれの好みで味付けをしてみんなで食べました。餅は、単なる食べ物というより、暮らしの営みの中に位置付けられた、「もの」であり「こと」なのだなあとつくづく思いました。
DSCPDC_0001_BURST20180210101600191_COVER_R.JPG

DSCPDC_0002_BURST20180210101943872_R.JPG

DSC_0617_R.JPG

DSC_0623_R.JPG

posted by hachi at 12:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年1月27日)

☆体験講座:マジでかるた!
 本日の土曜チャレンジスクールは、個別学習と埼玉県郷土かるた大会を実施しました。
 個別学習では、スタッフ準備の100マス計算と計算プリントを、みんなが真剣に取り組みました。回答時間をみんなで競い合うようになり、今後も早く正しく計算ができるようになるといいですね。
 本日の課題事業は、埼玉県郷土かるた大会を開催しました。このかるたは埼玉県の郷土をよく理解できる内容で、埼玉ゆかりの名士や名所が盛り込まれた内容です。今回は学年別に分かれて、公式ルールに基づいて誰が一番多く取れるかを競い合いました。読み手の声を真剣に聞く子供たちを見て成長を感じずにはいられません。

photo20180127_1.jpg

photo20180127_2.jpg

photo20180127_3.jpg

photo20180127_4.jpg


☆次回(2月10日):餅つき大会!
 次回はいよいよ餅つきです。お父さんのご参加お待ちしてます!
posted by hachi at 23:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年1月13日)

☆体験講座:マジシャンになろう!
 今年最初のチャレンジスクールでした。自主学習では100マス計算をしました。「時間を計ってほしい」という児童も何人かいて、全体的に漢字よりも活気づいていたと思います。
 体験講座は、大宮マジック研究会の方に講師をお願いして、マジックを体験しました。
 最初に、講師のお二人に、いろいろなマジックを見せて頂きました。スカーフを使ったマジック、箱を使ったマジック、風船を使ったマジックなど、目の前でとても不思議な芸を披露して頂きました。大がかりなものではないのですが、児童たちから「えーっ!」「すごい!」などの驚きや関心の声が何度も上がりました。

DSC_0165_R.JPG


 後半は、不思議なパズルのような絵を使ってお話を作る演技でした。はじめは1匹だった蛇が、絵を1/3ずつ裏返すことで、1匹が2匹に、そして3、4、5、6匹に増えていき、それをストーリに乗せて見せていくものです。はじめに講師の方がお手本のお話をしてくれ、その後児童たちが自分でお話を組み立てて発表するものでした。
 何人かの女子が一人だったり、グループだったりで発表をしてくれましたが、男子は恥ずかしいのか、なかなか発表してくれませんでした。ただ、この演技は、自分でいろいろなお話を作って発表することができるので、国語の勉強としても児童たちにとってはとてもいい取り組みだと思いました。
DSC_0168_R.JPG

DSC_0173_R.JPG

DSC_0174_R.JPG


☆次回(1月27日):マジでかるた!
 次回は、昨年も行った、彩の国21世紀郷土かるたをします。きちんとルールに則って、競技としてかるたをします。
posted by hachi at 20:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年12月9日)

☆体験講座:逃走中!
 今回は、恒例の“逃走中”をしました。恒例のプログラムですが、中年も過ぎつつあるスタッフには、伸び盛りの児童たちを全力で追い回すというかこくなぷろぐらむでもありました。しかし今回は、与野高校陸上部の皆さんに参加してもらい、かなりパワーアップしたプログラムになりました。
 内容はこれまで通り、じゃんけんでハンターが階段を上下するオープニングゲーム、ハンターの動きを止められるハンターボールに加え、学年別の捕まっても復活できる回数設定、復活のためのプリント提出を盛り込みました。自主学習の時には「逃走中、こわい」「走るのやだ」とネガティブな児童もいましたが、始まってみると真剣に、楽しそうに逃げていました。
 少し誤算だったのは、さすが陸上部の高校生は動きが軽やかかつしなやかで、想定よりも児童たちが早く捕まり切ってしまったことです。スタッフたちは、素晴らしいステップを見せる高校生に見とれながらも、児童たちを復活させることに気を配らなければなりませんでした。
 ともかくも、昨年まではへとへとになったスタッフも、今年は体力的には余裕をもちながら、ハンターボール供給、合言葉伝達を担当することができました。また、あれほど走ってもらえる高校生に参加してもらえるのであれば、もう少し別のゲーム設定を考えてもよいなと思いました。
 児童たちからは「これからずっと、逃走中でいいよ」という声も聞こえ、うれしさと困惑とで複雑な気分でした。

DSC_0024_R.JPG

DSC_0022_R.JPG

DSC_0023_R.JPG


☆次回(1月13日):マジシャンになろう!
 次回は、特別講師に来ていただき、手品・マジックにチャレンジします。目の前でマジックが見られるのは、大人でも興奮します。
posted by hachi at 19:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年11月25日)

☆体験講座:紙飛行機を飛ばそう
 今回のチャレンジスクールは、昨年も取り組んだ「紙飛行機で遊ぼう」をしました。折り紙を使った「かんたんに飛ばせる飛行機」「かっこいい飛行機」、A4の紙を使った「世界一飛ぶ飛行機」の資料を用意して、児童たちと紙飛行機を作りました。黙々と資料を見ながら折る児童もいますが、どう折ればいいのかすぐにスタッフに聞いてしまう児童もいて、すべての“ご要望”にお答えするのは、そこそこ骨が折れました。
「かっこいい飛行機」は、なかなか難しく、事前に準備をして取り組んだのですが、飛ばそうとするとあまりうまく飛ばず、少し残念でした。その他の飛行機でも、個人的には前後のバランスをかえたり、羽の角度を変えたりすることで飛び方も変わってくるのでとても面白かったのですが、今後は児童たちをそこに誘導する方法を考えたいと思います。
Point Blur_20171127_225642_R.jpg

Point Blur_20171127_225757_R.jpg

Point Blur_20171127_225720_R.jpg


☆次回(12月9日):逃走中
 次回は、テレビでもおなじみの「逃走中」を、小学校の裏校庭を使って再現します。ハンターには、今回は高校生のボランティアをお願いしました。少し(かなり?)パワーアップした逃走中にしたいと思います。
posted by hachi at 23:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年11月11日)

☆体験講座:トーンチャイムを演奏しよう
 この日は、外部講師にお願いし、トーンチャイムとハンドベルの演奏をしました。保護者にもお声がけし、演奏会に来て頂きましたが、結果として一緒に演奏しました。トーンチャイムは約20個あり、低い音のトーンチャイムは50センチ程もありました。見た目は何となく地味な印象を受けましたが、音は透明感と深みのあるきれいな音でした。演奏の方は、講師の方が、音ごとに印をつけた「きらきら星」の楽譜も用意してくれたので、初めての児童たちでも簡単に演奏することができました。保護者の方は、「聞くだけ」ということで来てくれていたようですが、講師の方が明るく、当たり前のようにいざなってくれたので、皆さん一緒にきらきら星を演奏し、歌っていただきました。少し早いですが、少し早いクリスマス気分を味わうことができました。

Point Blur_20171127_225028_R.jpg

Point Blur_20171127_225127_R.jpg

Point Blur_20171127_224900_R.jpg
posted by hachi at 22:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年10月21日)

☆体験講座:いきもの調査
 2週連続の土曜チャレンジスクールでした。この日は5月にも実施した恒例の「いきもの調査」を実施しました。講師には、いつもお手伝い頂いているさいたま生きもの調査員の上原さんと メンバーの方にお願いしました。まず問題です「蜻蛉」ってなんて読みます?そうトンボです。今日のテーマもトンボの生体について学習しました。八幡小の周辺は住宅化が進みましたが、まだ昆虫が生息できる場所があるらしいです。児童たちは熱心に講師の話しに耳を傾けていました。特に、温暖化の影響で今まであまり八幡小の近所では見られなかった昆虫が最近見られるようになってきたことに児童たちも驚いていたようです。
そのあと屋上のビオトープでのフィールドワークを実施したのですが、あいにく台風接近に伴う雨の影響で短時間実施しました。その短時間の調査でヤゴを数匹見つけて、その中に近所ではめずらしい「イトトンボ」のヤゴを見つけることが出来ました。身近な所にある自然を児童たちは体感する事ができたようですね。

20171021_1_R.jpg

20171021_2_R.jpg

20171021_3_R.jpg
posted by hachi at 22:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年10月14日)

☆体験講座:理科実験「浮沈子で遊ぼう」
 この日の土曜チャレンジスクールは、さいたま実験理科教室の皆さんから「浮沈子で遊ぼう」をテーマに授業をしていただきました。
 この浮沈子をペットボトルと金魚形の醤油入れを使って児童全員が作りました。この浮沈子の原理って「アルキメデスの原理」と「パスカルの原理」を応用したおもちゃです。子供たちは、講師の説明後、早速浮沈子の作成に入り、ペットボトル中に入れる水の配分に手間取る子供たちもいましたが、無事に全員が浮沈子を完成させることが出来ました。
 それから、講師から水に浮くもの浮かないものの区別や、水中で物体が何を受けているかの説明を受け、ゴルフボールを水の中に入れると重さが変わる事、いろいろな素材の物を水の中に入れると「浮く」「浮かない」を実験しました。児童たちは楽しく物理学に触れることが出来たようです。

20171014_1_R.jpg

20171014_2_R.jpg

20171014_3_R.jpg

posted by hachi at 22:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年9月23日)

☆自主学習
 今回は、二学期最初のチャレンジスクールでした。自主学習の方は、漢字ドリルのレベルを上げたため、「習ってない!」などの声が上がりましたが、それぞれ真剣に取り組んでいました。。

Point Blur_20171127_225547_R.jpg


☆体験講座:算数ゲーム
 体験学習の方は、算数。ゲームをしました。高学年から低学年までを分散してグループ分けをして、足し算のマッチ棒クイズをしました。これまでも何回か取り組んでいますが、みんなでワイワイ言いながら試行錯誤するので、とても良かったと思います。
その後はなんじゃもんじゃしました。学校の方で4セットほど用意してくれたので、お化けキャッチ1セット、トランプボーリングと組み合わせて各グループをローテーションしながらゲームをしました
反省として、ゲーム自体はいいのですが、少し増えがマンネリ化してきたので今後行う時には少し工夫をしたいと思います。

Point Blur_20171127_225329_R.jpg

Point Blur_20170926_092359_R.jpg

Point Blur_20171127_225459_R.jpg
posted by hachi at 22:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年6月24日)

☆自主学習
 自主学習は今回も漢字のプリントを配りました。「宿題もあるのに。。。」という児童もいましたが、それぞれが取り組んでくれました。

☆体験講座:折り紙をたしなむ
 今回のチャレンジスクールは 、生きもの調査でもご協力を頂いた羽尻さんに講師をお願いして、折り紙をしました。事前に羽尻さんに、「動きのある折り紙」をリクエストしたところ、完璧にご対応頂きました。
 はじめに 羽尻さんが児童たちの人数分の折り鶴を折ってきてくれたものを、展開するところから始めました。一度折り筋がついていると、それを再現するのは容易なので、ほとんどの子供たちがまた鶴を折ることができました。そして、その後尾の部分を調整することで、「羽ばたく鶴」に変わりました。尾を引っ張って、羽がパタパタ動く姿を見て 児童たちから歓声が上がりました。

Point Blur_20170624_213142_R.jpg


 次に3つの班に分けて、「くるんくるん」「パクパクカラス」「ピョンピョンカエル」にチャレンジしました。児童達にとって、折図を理解したり きちんと角を合わせてまっすぐに折り紙を折ることは思いのほか難しく、集中力を要する作業のようでした。折り紙に集中したり、想像力を働かせたり、他人に教えてもらったり教えたりする姿を見て、折り紙は児童に有益な活動なのではないかと思いました。もちろん 私たちスタッフにとっても かなりハードルの高い チャレンジでした。ただ 動きのある折り紙の面白さに とても感心し良い経験をさせてもらいました。
 今回折り紙をしようと思ったのは、あまり大きな声では言えない体験からでしたが(笑)、怪我の功名と言うか、とても良い活動になりました。羽尻さんには、たくさんのサンプルを準備いただいたり、自分中心になりがちな児童達に優しく対応してくれたり、大変お世話になりになりました。

Point Blur_20170624_212957_R.jpg

Point Blur_20170624_213041_R.jpg


☆次回(9月23日):未定(算数ゲーム?)
 1学期の活動は今回で終了になります。2学期は9月下旬からになりますが、夏休みを過ごし、一回り大きくなった児童たちに会うのが楽しみです。
posted by hachi at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする