2018年02月01日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年1月27日)

☆体験講座:マジでかるた!
 本日の土曜チャレンジスクールは、個別学習と埼玉県郷土かるた大会を実施しました。
 個別学習では、スタッフ準備の100マス計算と計算プリントを、みんなが真剣に取り組みました。回答時間をみんなで競い合うようになり、今後も早く正しく計算ができるようになるといいですね。
 本日の課題事業は、埼玉県郷土かるた大会を開催しました。このかるたは埼玉県の郷土をよく理解できる内容で、埼玉ゆかりの名士や名所が盛り込まれた内容です。今回は学年別に分かれて、公式ルールに基づいて誰が一番多く取れるかを競い合いました。読み手の声を真剣に聞く子供たちを見て成長を感じずにはいられません。

photo20180127_1.jpg

photo20180127_2.jpg

photo20180127_3.jpg

photo20180127_4.jpg


☆次回(2月10日):餅つき大会!
 次回はいよいよ餅つきです。お父さんのご参加お待ちしてます!
posted by hachi at 23:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2018年1月13日)

☆体験講座:マジシャンになろう!
 今年最初のチャレンジスクールでした。自主学習では100マス計算をしました。「時間を計ってほしい」という児童も何人かいて、全体的に漢字よりも活気づいていたと思います。
 体験講座は、大宮マジック研究会の方に講師をお願いして、マジックを体験しました。
 最初に、講師のお二人に、いろいろなマジックを見せて頂きました。スカーフを使ったマジック、箱を使ったマジック、風船を使ったマジックなど、目の前でとても不思議な芸を披露して頂きました。大がかりなものではないのですが、児童たちから「えーっ!」「すごい!」などの驚きや関心の声が何度も上がりました。

DSC_0165_R.JPG


 後半は、不思議なパズルのような絵を使ってお話を作る演技でした。はじめは1匹だった蛇が、絵を1/3ずつ裏返すことで、1匹が2匹に、そして3、4、5、6匹に増えていき、それをストーリに乗せて見せていくものです。はじめに講師の方がお手本のお話をしてくれ、その後児童たちが自分でお話を組み立てて発表するものでした。
 何人かの女子が一人だったり、グループだったりで発表をしてくれましたが、男子は恥ずかしいのか、なかなか発表してくれませんでした。ただ、この演技は、自分でいろいろなお話を作って発表することができるので、国語の勉強としても児童たちにとってはとてもいい取り組みだと思いました。
DSC_0168_R.JPG

DSC_0173_R.JPG

DSC_0174_R.JPG


☆次回(1月27日):マジでかるた!
 次回は、昨年も行った、彩の国21世紀郷土かるたをします。きちんとルールに則って、競技としてかるたをします。
posted by hachi at 20:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年12月9日)

☆体験講座:逃走中!
 今回は、恒例の“逃走中”をしました。恒例のプログラムですが、中年も過ぎつつあるスタッフには、伸び盛りの児童たちを全力で追い回すというかこくなぷろぐらむでもありました。しかし今回は、与野高校陸上部の皆さんに参加してもらい、かなりパワーアップしたプログラムになりました。
 内容はこれまで通り、じゃんけんでハンターが階段を上下するオープニングゲーム、ハンターの動きを止められるハンターボールに加え、学年別の捕まっても復活できる回数設定、復活のためのプリント提出を盛り込みました。自主学習の時には「逃走中、こわい」「走るのやだ」とネガティブな児童もいましたが、始まってみると真剣に、楽しそうに逃げていました。
 少し誤算だったのは、さすが陸上部の高校生は動きが軽やかかつしなやかで、想定よりも児童たちが早く捕まり切ってしまったことです。スタッフたちは、素晴らしいステップを見せる高校生に見とれながらも、児童たちを復活させることに気を配らなければなりませんでした。
 ともかくも、昨年まではへとへとになったスタッフも、今年は体力的には余裕をもちながら、ハンターボール供給、合言葉伝達を担当することができました。また、あれほど走ってもらえる高校生に参加してもらえるのであれば、もう少し別のゲーム設定を考えてもよいなと思いました。
 児童たちからは「これからずっと、逃走中でいいよ」という声も聞こえ、うれしさと困惑とで複雑な気分でした。

DSC_0024_R.JPG

DSC_0022_R.JPG

DSC_0023_R.JPG


☆次回(1月13日):マジシャンになろう!
 次回は、特別講師に来ていただき、手品・マジックにチャレンジします。目の前でマジックが見られるのは、大人でも興奮します。
posted by hachi at 19:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年11月25日)

☆体験講座:紙飛行機を飛ばそう
 今回のチャレンジスクールは、昨年も取り組んだ「紙飛行機で遊ぼう」をしました。折り紙を使った「かんたんに飛ばせる飛行機」「かっこいい飛行機」、A4の紙を使った「世界一飛ぶ飛行機」の資料を用意して、児童たちと紙飛行機を作りました。黙々と資料を見ながら折る児童もいますが、どう折ればいいのかすぐにスタッフに聞いてしまう児童もいて、すべての“ご要望”にお答えするのは、そこそこ骨が折れました。
「かっこいい飛行機」は、なかなか難しく、事前に準備をして取り組んだのですが、飛ばそうとするとあまりうまく飛ばず、少し残念でした。その他の飛行機でも、個人的には前後のバランスをかえたり、羽の角度を変えたりすることで飛び方も変わってくるのでとても面白かったのですが、今後は児童たちをそこに誘導する方法を考えたいと思います。
Point Blur_20171127_225642_R.jpg

Point Blur_20171127_225757_R.jpg

Point Blur_20171127_225720_R.jpg


☆次回(12月9日):逃走中
 次回は、テレビでもおなじみの「逃走中」を、小学校の裏校庭を使って再現します。ハンターには、今回は高校生のボランティアをお願いしました。少し(かなり?)パワーアップした逃走中にしたいと思います。
posted by hachi at 23:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年11月11日)

☆体験講座:トーンチャイムを演奏しよう
 この日は、外部講師にお願いし、トーンチャイムとハンドベルの演奏をしました。保護者にもお声がけし、演奏会に来て頂きましたが、結果として一緒に演奏しました。トーンチャイムは約20個あり、低い音のトーンチャイムは50センチ程もありました。見た目は何となく地味な印象を受けましたが、音は透明感と深みのあるきれいな音でした。演奏の方は、講師の方が、音ごとに印をつけた「きらきら星」の楽譜も用意してくれたので、初めての児童たちでも簡単に演奏することができました。保護者の方は、「聞くだけ」ということで来てくれていたようですが、講師の方が明るく、当たり前のようにいざなってくれたので、皆さん一緒にきらきら星を演奏し、歌っていただきました。少し早いですが、少し早いクリスマス気分を味わうことができました。

Point Blur_20171127_225028_R.jpg

Point Blur_20171127_225127_R.jpg

Point Blur_20171127_224900_R.jpg
posted by hachi at 22:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年10月21日)

☆体験講座:いきもの調査
 2週連続の土曜チャレンジスクールでした。この日は5月にも実施した恒例の「いきもの調査」を実施しました。講師には、いつもお手伝い頂いているさいたま生きもの調査員の上原さんと メンバーの方にお願いしました。まず問題です「蜻蛉」ってなんて読みます?そうトンボです。今日のテーマもトンボの生体について学習しました。八幡小の周辺は住宅化が進みましたが、まだ昆虫が生息できる場所があるらしいです。児童たちは熱心に講師の話しに耳を傾けていました。特に、温暖化の影響で今まであまり八幡小の近所では見られなかった昆虫が最近見られるようになってきたことに児童たちも驚いていたようです。
そのあと屋上のビオトープでのフィールドワークを実施したのですが、あいにく台風接近に伴う雨の影響で短時間実施しました。その短時間の調査でヤゴを数匹見つけて、その中に近所ではめずらしい「イトトンボ」のヤゴを見つけることが出来ました。身近な所にある自然を児童たちは体感する事ができたようですね。

20171021_1_R.jpg

20171021_2_R.jpg

20171021_3_R.jpg
posted by hachi at 22:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年10月14日)

☆体験講座:理科実験「浮沈子で遊ぼう」
 この日の土曜チャレンジスクールは、さいたま実験理科教室の皆さんから「浮沈子で遊ぼう」をテーマに授業をしていただきました。
 この浮沈子をペットボトルと金魚形の醤油入れを使って児童全員が作りました。この浮沈子の原理って「アルキメデスの原理」と「パスカルの原理」を応用したおもちゃです。子供たちは、講師の説明後、早速浮沈子の作成に入り、ペットボトル中に入れる水の配分に手間取る子供たちもいましたが、無事に全員が浮沈子を完成させることが出来ました。
 それから、講師から水に浮くもの浮かないものの区別や、水中で物体が何を受けているかの説明を受け、ゴルフボールを水の中に入れると重さが変わる事、いろいろな素材の物を水の中に入れると「浮く」「浮かない」を実験しました。児童たちは楽しく物理学に触れることが出来たようです。

20171014_1_R.jpg

20171014_2_R.jpg

20171014_3_R.jpg

posted by hachi at 22:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年9月23日)

☆自主学習
 今回は、二学期最初のチャレンジスクールでした。自主学習の方は、漢字ドリルのレベルを上げたため、「習ってない!」などの声が上がりましたが、それぞれ真剣に取り組んでいました。。

Point Blur_20171127_225547_R.jpg


☆体験講座:算数ゲーム
 体験学習の方は、算数。ゲームをしました。高学年から低学年までを分散してグループ分けをして、足し算のマッチ棒クイズをしました。これまでも何回か取り組んでいますが、みんなでワイワイ言いながら試行錯誤するので、とても良かったと思います。
その後はなんじゃもんじゃしました。学校の方で4セットほど用意してくれたので、お化けキャッチ1セット、トランプボーリングと組み合わせて各グループをローテーションしながらゲームをしました
反省として、ゲーム自体はいいのですが、少し増えがマンネリ化してきたので今後行う時には少し工夫をしたいと思います。

Point Blur_20171127_225329_R.jpg

Point Blur_20170926_092359_R.jpg

Point Blur_20171127_225459_R.jpg
posted by hachi at 22:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年6月24日)

☆自主学習
 自主学習は今回も漢字のプリントを配りました。「宿題もあるのに。。。」という児童もいましたが、それぞれが取り組んでくれました。

☆体験講座:折り紙をたしなむ
 今回のチャレンジスクールは 、生きもの調査でもご協力を頂いた羽尻さんに講師をお願いして、折り紙をしました。事前に羽尻さんに、「動きのある折り紙」をリクエストしたところ、完璧にご対応頂きました。
 はじめに 羽尻さんが児童たちの人数分の折り鶴を折ってきてくれたものを、展開するところから始めました。一度折り筋がついていると、それを再現するのは容易なので、ほとんどの子供たちがまた鶴を折ることができました。そして、その後尾の部分を調整することで、「羽ばたく鶴」に変わりました。尾を引っ張って、羽がパタパタ動く姿を見て 児童たちから歓声が上がりました。

Point Blur_20170624_213142_R.jpg


 次に3つの班に分けて、「くるんくるん」「パクパクカラス」「ピョンピョンカエル」にチャレンジしました。児童達にとって、折図を理解したり きちんと角を合わせてまっすぐに折り紙を折ることは思いのほか難しく、集中力を要する作業のようでした。折り紙に集中したり、想像力を働かせたり、他人に教えてもらったり教えたりする姿を見て、折り紙は児童に有益な活動なのではないかと思いました。もちろん 私たちスタッフにとっても かなりハードルの高い チャレンジでした。ただ 動きのある折り紙の面白さに とても感心し良い経験をさせてもらいました。
 今回折り紙をしようと思ったのは、あまり大きな声では言えない体験からでしたが(笑)、怪我の功名と言うか、とても良い活動になりました。羽尻さんには、たくさんのサンプルを準備いただいたり、自分中心になりがちな児童達に優しく対応してくれたり、大変お世話になりになりました。

Point Blur_20170624_212957_R.jpg

Point Blur_20170624_213041_R.jpg


☆次回(9月23日):未定(算数ゲーム?)
 1学期の活動は今回で終了になります。2学期は9月下旬からになりますが、夏休みを過ごし、一回り大きくなった児童たちに会うのが楽しみです。
posted by hachi at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年6月10日)

☆自主学習
 自主学習は今回も漢字のプリントを配りました。 たくさん宿題を持ってきて一生懸命やっている児童もいましたが、こちらが配布した漢字のプリントにもそれぞれが取り組んでくれました。


☆体験講座:ビニール凧を飛ばそう!
 今回はスタッフの伊藤さんがゴールデンウィークに仕入れてきた、ビニールで作る凧を作製しました。
材料はゴミ袋のビニール、それから竹ひご、凧糸でした。 ビニールの方は伊藤さんが人数分、凧の形にカットしてくれていたので、児童たちは竹ひごをビニールに貼り付けたり、絵を書いたりして作製しました。
 積極的な姿勢の表れなのか、伊藤さんの説明を急かしたり、できない!できない!とアピールしたりする児童もいましたが、 みんな揃って完成させることができました。
 その後、裏校庭に出て凧を飛ばしました。ちょうどいい風が吹いていたので、みんなとても楽しく凧を飛ばすことができました。またうまく凧を飛ばすために、風の向きを考えたり、風を感じたりする時間も過ごせたので、とても良かったと思います。

Point Blur_20170611_195305_R.jpg

DSC_1571_R.JPG

Point Blur_20170611_195505_R.jpg

DSC_1577_R.JPG

Point Blur_20170611_195412_R.jpg


☆次回(6月24日):折り紙をたしなむ
 次回の土チャレは、折り紙です。紙を折ることは図形認識につながると思いますが、心を落ち着かせ、集中力を高める効果もあるそうです。ある講習会でお聞きしてきました・・・
posted by hachi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2017年5月27日)

☆自主学習
 今回は今年度初めのチャレンジスクールでした。
 自主学習は、今年度は、始めに全員にプリントを配り、それが終わってから自分の勉強をする形にしました。プリントはスタッフが丸つけをして、帰りに答案を返します。かなり作業が増えますが、保護者の方にも協力頂いて、トライしていきます。

Point Blur_20170530_094627_R.jpg

DSC_1542_R.JPG


☆体験講座:生きもの調査
 今回は、毎年恒例の生きもの調査でした。いつもプールのヤゴ観察は秋口に行っていたのですが、今回はプール清掃前の日程を設定することができました。講師には、いつもお手伝い頂いているさいたま生きもの調査員の上原さんと メンバーの方にお願いしました。
 まず屋上庭園のビオトープを観察しました。このビオトープを設置してから、もう5年になります。ビオトープの中にはすでにヤゴの抜け殻もあり、狭いながらも 数匹のヤゴを観察することができました。
 その後プールに移動して。長い柄のついた網でプールの底をすくい、ヤゴを採集しました。活動の直前に、学校の方でプール清掃のために、最近塩素投入したというお話を聞いて、もしかしたらヤゴがあまりいないのではないかと心配していましたが、本当にたくさんのヤゴ採集することができました。
 土曜チャレンジスクールに参加して何回目かの児童は、「またヤゴか・・・」と言っていましたが、たくさんのヤゴが取れるのを見ると、楽しくなってきたのか、アミを奪うようにしてヤゴの採集の最初に夢中になっていました。
 採集したヤゴは、希望した児童たちがプラスチックのコップに入れて自宅に持って帰って羽化させるとともに、残りは学校の中で羽化させることになりました。講師の上原さん達も、楽しそうな子ども達の姿を見て、また自分達もヤゴを採集することができてとても楽しかったと話してくれました。
 なかなか自然と触れ合う機会の少なくなった児童たちにとっても、良い経験になったのではないかと思います。
Point Blur_20170530_094732_R.jpg

DSC_1547_R.JPG

Point Blur_20170530_094846_R.jpg

Point Blur_20170530_094819_R.jpg


☆次回(6月10日):ビニール凧を飛ばそう
 次回の土チャレは、ビニールのごみ袋で、凧を飛ばします。思い思いの凧を作って、風を感じてほしいです。
posted by hachi at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(3月11日)

☆体験講座:ドッチビー
 今回は、今年度最後の土曜チャレンジスクールでした。
 活動は体育館でフリスビーを使ったドッチボール、”ドッチビー”をしました。やわらかいフリスビーなので、当たっても痛くなく、低学年から高学年まで一緒に楽しく活動することができました。
 活動の始めは、フリスビーのキャッチボールから始めました。低学年の中には、うまくフリスビーを投げられない児童もいましたが、少し教えてあげるとすぐに綺麗に飛ばせるようになりました
 それからフリスビーの遠投コンテストや小さな的を狙ってフリスビーをコントロールするゲームをして、よりフリスビーに慣れてもらいました。その後4つのチームに分かれ、バドミントンのコートを使ってドッチビーをしました。ドッチボールには慣れているせいかルールの理解は問題はなく、それぞれがとても楽しんでいたように思います。まだまだ寒い時期ですが、活動の後半には半袖になって、上履きを脱いで ドッチビーに没頭する児童もいました。
 6年生にとっては今日が最後のチャレンジスクールでした。何年間かずっと土曜チャレンジ参加している児童もいて、参加し始めた時から比べればだいぶ成長したなと感じました。
 今日で今年度の土曜チャレンジスクールも無事終了することができました。保護者の皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました。また来年度もよろしくお願いします。

Point Blur_20170311_143442_R.jpg

Point Blur_20170311_143531_R.jpg

Point Blur_20170311_143608_R.jpg

Point Blur_20170311_143727_R.jpg
posted by hachi at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(2月11日)

☆体験講座:名探偵になろう!
今回は去年も行った「名探偵になろう」をしました。A4で1ページ弱の短編の推理小説をみんなで読んで 、犯人を探したり、事件を解決する答えを探す取り組みです。低学年から高学年まで、グループで文章の中から答えを見つけるものです
 最初にスタッフが、登場人物やナレーターなどの役割を決めて朗読し、その後、児童達が自分たちで文章中から答えを探します。各グループにはスタッフがついて、わからない言葉を説明したり、なかなか文章にとっつきにくい低学年にアドバイスしてあげたりして、合計4つの小説を読みました。
 グループで答えがわかったらスタッフ説明するのですが、その時にはグループの一番小さい学年の児童が説明するルールにしたので、答えがわかった高学年は、どうしてその答えが出てきたのかを低学年に説明しなければなりません。高学年が低学年に説明する光景も見られ、微笑ましくも高学年にとってもいい経験になったと思います。
 また、文章は大人向けの小説から引用したのなので、低学年にはかなり難しかったと思いますが、スタッフが言葉の意味を教えてあげたり、ヒントを教えてあげたりしながらサポートできたので、低学年でも十分楽しむことができたと思います。
 そして、ヒントを出していると普通の国語の読解問題を解くような方法を使ったりするので、読解力の向上にも少しでも役立ってもらえればと思います。
 この取り組みはスタッフにも好評なので来年もできたらと思います。ただ用意をする側としては、読み仮名をつけたり、本当に分かりにくい言葉を言い換えたりしなければならないなど、少し手間がかかる取り組みです。スタッフにとってもチャレンジングな取り組みでした。

Point Blur_20170212_211123_R.jpg

Point Blur_20170212_211027_R.jpg

Point Blur_20170212_211044_R.jpg


☆次回(2月25日):算数ゲーム
 次回は、算数ゲームです。新しいゲームにも取り組めたらと考えています。
posted by hachi at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(1月28日)

☆体験講座:彩の国21世紀郷土かるたに挑戦!
 今回は、彩の国21世紀郷土かるたをしました。そして児童たちに自由にさせるのではなく、きちんとしたルールに則って、競技かるたのやり方で取り組みました。まず、一班3人ずつ、学年を分散させたチームを編成し、3対3で競技に取り組みます。カードを並べるのも一定のエリアの中に、1センチ間隔でかるたを並べたり、最後の2札になるまでかるたの位置を動かさないようにすること、最後の2札は代表者同士が取り合うことなどのルールがありました。
 彩の国21世紀郷土かるたは、埼玉県の歴史や名所を織り込んだかるたです。群馬県出身の筆者のイメージは「上毛かるた」ですが、内容や絵は固定ではないようで、少しずつリニューアルされるようです。
 始めは、児童たちはあまり興味を示さないのではないかと思っていましたが、トーナメント方式の対戦を取り入れたことや、チーム戦にしたことで、最後まで真剣に取り組んでいました。
 多分、かるたに書かれていたことは、児童たちにはほとんどわからなかったのではないかと思いますが、何回かやっていくうちに、知らず知らずのうちに埼玉の歴史や名所が頭に入ってくるのではないかと思います。ニュースや勉強の中で関連の事項が出てきたときに、思い出してくれたり、興味を持ってもらえればと思います。

Point Blur_20170129_081604_R.jpg

20170128_112652_R.jpg

Point Blur_20170129_081703_R.jpg

Point Blur_20170129_081502_R.jpg

DSC_1398_R.JPG


☆次回(2月11日):名探偵になろう!
 次回は、祝日ですが11日に行います。内容は、昨年も取り組んだ、短い推理小説を読んで、事件を解決するクイズに答えるゲームです。少し用意が大変ですが、昨年同様、楽しんでもらえればと思います。
posted by hachi at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(1月14日)

☆体験講座:万華鏡を作ろう!
 今回は、東京ガス埼玉支店の方にご協力頂き、ガスに関するお話と、使わなくなったガス管をリサイクルして万華鏡作りを教えて頂きました。いろいろと興味深いお話がありましたが、一番驚いたのは、ガス管はポリエチレンでできており、それも1980年代からそのようになっているとのことでした。ガス管というと、どうしても鉄製のイメージがあったのですが、腐食に強いこと、可塑性があり傷つきにくいことなどがポリエチレンが使われている理由でした。
 確かに、万華鏡のために持ってきていただいた元ガス管も、きれいだしとても頑丈そうでした。東京ガスでは、ガス管で事務用の蛍光ペンを作って使うなど、リサイクルに熱心に取り組んでいるとのことでした。
 ガスというと、料理や給湯が中心のイメージですが、発電の大きな部分をガスが占めていることを考えると、エネルギー源としてガスにだいぶ頼っていることになります。ガスについてのお話の中では、シェールガスやメタンハイドレートにも触れて頂きました。

Point Blur_20170122_144347_R.jpg

Point Blur_20170122_144458_R.jpg

Point Blur_20170122_144548_R.jpg


☆次回(1月28日):彩の国21世紀郷土かるたに挑戦!
 次回は、かるたです。単に遊びのカルタではなく、彩の国21世紀郷土かるたを、きちんとした競技のルールで取り組みます。
posted by hachi at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(12月10日)

☆体験講座:紙飛行機を飛ばそう
 今回は、多目的室で「紙飛行機を飛ばそう」をしました。体育館に比べると(当然ですが)空間が狭かったので、折り紙で紙飛行機を作ることにしました。スタッフの伊藤さんが3つの折り方を選んで資料を作ってくれて、児童たちに配布してそれぞれが取り組みました。
 資料の中には、スタッフでもなかなか作れない難しい、でもかっこいい紙飛行機があり、みんなあきらめるかと思いつつ、こぞって挑戦していました。スタッフにも折り方を聞かれるのですが、なかなかうまくアドバイスできず四苦八苦していました。
 紙飛行機が仕上がった後は、飛行コンテストをしました。折り方の問題なのか、力の問題なのかはわかりませんが、低学年の男子が優勝しご満悦でした。

Point Blur_20161211_190930_R.jpg

Point Blur_20161211_191004_R.jpg

Point Blur_20161211_190850_R.jpg


☆次回(1月14日):紙飛行機を飛ばそう
 次回は、「万華鏡を作ろう」です。変わった素材で万華鏡を作ります。ガスについても勉強します。来年もいい活動ができますように。
posted by hachi at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(11月26日)

☆体験講座:逃走中・スポーツ缶蹴り
 今回は、児童たちからリクエストの多かった「逃走中・スポーツ缶蹴り」をしました。今回はスタッフの人数が少なめで、スタッフの伊藤さんと筆者がハンターをしました。
 オープニングで、じゃんけんの勝ち負けでハンターのスタート位置を決めるゲームや、合言葉二つでハンターの動きを止めるボールをゲットできるルールは前回通りでしたが、新たに、捕まった児童が5人集まって「あんたがたどこさ」をうまくできれば解放されるルールを導入しました。
 ハンターとしての感想ですが、年齢とともに、スピードの衰え以上に、意識の衰えを感じました・・・。高学年を捕まえようと思っても、なかなか届かないと、低学年でいいか・・・と思ってしまう意識の低さに何となく寂しさを感じました(笑)。
 ハンターの体力が尽きたので、その後スポーツ缶蹴りに切り替えました。2チームに分けて陣地を決め、それぞれ3つの缶(ペットボトル)を奪い合うルールです。
 それぞれにらみ合いに終始してしまうかと心配していましたが、高学年を中心に攻め込んでくれて、盛り上がったと思います。
 今回の体験で、改めてスタッフの充実の必要性を感じました。

attachment00_R.jpg

Point Blur_20161127_133848_R.jpg

Point Blur_20161127_133937_R.jpg

attachment04_R.jpg


☆次回(12月10日):紙飛行機を飛ばそう
 次回は、「紙飛行機を飛ばそう」です。体育館は確保できなかったのですが、多目的室か、天気が良ければ裏校庭で飛ばしたいと思います。
posted by hachi at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(10月22日)

☆体験講座:金融ゲーム
 今回は、プロミス(株)大宮支店山さんから、「カードゲーム“お金の役割”」をお借りして、金融ゲームをしました。昨年も実施しましが、非常に奥の深いゲームです。
 流れとしては、クイズに答えて”生産物”をゲットして、はじめは物々交換で、続いて貨幣に当たる”お米”を通じて他の生産物と交換して、自分たちに必要なものを集めてミッションを達成するというものです。
 児童たちは、はじめはクイズに、その後は取引に夢中になっていました。中には、グループ活動になじめない児童や、取引になるとなかなか参加しにくくなる児童もいましたが、全体としてとても興味深く活動することができました。大人も十分楽しめるし、考えさせられるゲームでした。

チャレンジ20161023_070532_R.jpg

チャレンジ20161023_game1.jpg

チャレンジ20161023_game2.jpg

  ゲームキットの写真は、宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」のオフィシャルブログさんのものです。

☆次回(11月26日):逃走中
 次回は、スタッフの体力を奪う逃走中にトライします。若いハンターの調達がポイントです。
posted by hachi at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(10月8日)

☆体験講座:コントを作ろう!
 今回は、大宮にあるラクーンよしもと劇場さんにご協力頂き、お笑いコンビの「えんにち」さんに講師をお願いして、「コントを作ろう!」でした。
 始めに、えんにちさんから漫才を披露して頂いて、その後、まず児童たちのコンビ結成をしました。「お笑い好き?」「漫才を作ってみたい?」など、えんにちさんからアイスブレイクの質問をしても、児童たちのテンションは低く、コンビ結成でも「やだー」などとネガティブな雰囲気で、「えんにちさんやこちらの苦労も知らずに・・・」とかなりやきもきしていました。
 その後、えんにちさんが作ってくれた台本のワークシートをもとに、コンビごとにストーリーを作っていきました。始めはどうなることかと思っていましたが、えんにちさんがそれぞれのコンビをフォローしてくれて、コミュニケーションが生まれ、何とか形になっていったようです。中には、どうしても乗り切れない低学年の女の子がいましたが、相方の男の子が一生懸命フォローしてくれて、最後には台本が仕上がりました。
 そして、16組全員がみんなの前でそれぞれコントを発表しました。短い時間ですし、ストーリー自体はえんにちさんが作ってくれた同じものなのでそれほど個性は出ないかと思いきや、ひねり方、オチの作り方などでいろいろなパターンがあり、それぞれがとても面白かったです。
 活動が終わった後、全員がえんにちさんのところにサインをもらいに行っていて、やはりプロの仕事は違うなと感じました。
 お笑いを考えることは、自分の考えを深めるだけでは成り立たず、常に聴衆という相手を想像することなので、とても良い頭のトレーニングだと思いますし、コンビで作り上げていくことは、大事なコミュニケーションの場になると思います。えんにちさんの誘導のおかげで、素晴らしい活動になったと思います。関係者の皆さん、ありがとうございました!

Point Blur_20161008_204734.jpg

Point Blur_20161008_204906.jpg

Point Blur_20161008_204818.jpg

_20161008_215744_R.JPG

☆次回(10月22日):金融ゲーム
 次回は、昨年も活動した金融ゲームです。こちらも少し慣れてきたので、うまくコーディネートできればと思います。

posted by hachi at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

こんなことやってます!土曜チャレンジスクール(9月24日)

☆体験講座:生きもの調査
 二学期最初の土曜チャレンジスクールは生きもの調査でした。今回は、八幡小に定期的に生きもの調査に来ていただいている上原さんに講師をお願いしました。すっきりしない天気でしたが、何とか雨には降られずに済みました。
 はじめに屋上庭園のトンボ池を観察しました。上原さんからは「今の時期のヤゴは小さい」とお話があり、あまり見つかりませんでしたが、おなじみのウスバキトンボとシオカラトンボのヤゴらしきヤゴが数匹見つかりました。アキアカネは飛んできていたのですが、ヤゴとしての成長これからのようです。以前はこのトンボ池で、マツモムシやアカムシをたくさん見かけたのですが、今回は見つけられませんでした。トンボ池の問題なのか、周辺環境の問題なのか、少し不思議に思いました。
 その後、裏校庭で生きものを探しました。上原さんからはチョウを探すようにお話がありましたが、天気も良くないので、個人的にはかなり難しいのではと思っていましたが。ところが、ナガサキアゲハ(見た目はクロアゲハとしか認識できませんでした)、モンシロチョウ、モンキチョウ、ヤマトシジミなどを見つけることができました。意識がないと認識できないことがたくさんあるのではないかと改めて思いました。
 他には、バッタやケムシを観察することができました。これを機に、児童たちが昆虫やその他の生きものに触れる機会が増えればよいと思います。

Point Blur_20160925_212701_R.jpg

DSC_1269_R.JPG

Point Blur_20160925_212623_R.jpg

DSC_1273_R.JPG


☆次回(10月8日):コントを作ろう
 次回は、大宮ラクーンよしもと劇場さんにご協力頂き、お笑いコンビのえんにちさんに講師をお願いして、児童たちにコントを作ってもらいます。
posted by hachi at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする